ゆずる

  • ゆずる
  • Web
  • ブログ

■担当について

『Love it!』プロダクトデザイン・アートディレクション
グラフィック&ウェブデザイン・フラッシュデベロップ・CM関係
あまりに多くの事を一人でやりすぎたために時間がたりず、
完成度の低さが目立ち目も当てられない状況です、、、

各種解説とかをちょろっとだけ。

■『Love it!』の世界観

最初は曲と歌詞だけ来て、これをDL配布する方向だったのですが
CTさんがアルバム化したい、との事で世界を作りました。

『Love it!』1曲だけだったので、歌詞を考慮した世界観を
くづQさんに送って、作り始めました。

でも過去のメールを見たら9月16日に『Love it!』がピアプロに
発表されてその翌日17日にくづQさんにオファーを出して、
その翌日18日のメールにほぼすべてのプロットが作ってありましたw

実は11月半ばになるまで『Love it!』以外の収録曲を
聴いていなかったのでくづQさんとは『Love it!』で進めていました。

ある日、自分に自信のない女の子の元に現れたポップなウサギ、
そのウサギがくれた1本のマジカルリップ、
使った瞬間から変わる世界―――

これが初期プロットの『Love it!』の方向性でした。
しかし全曲聴いて、これじゃ世界が小さいわ!
と思ったので、思い切って変更しました。

描きたかったのは思春期の女のコの心情です。
「可愛くなりたい」と思う女のコもいれば、
「あのコみたいには可愛くなれない」という女のコもいる。
その二面性を『Love it!』を通して表現しました。

そして最後に恋をする。それでこのストーリーは完結します。
恋をするまでの一つの過程、それが『Love it!』です。

女のコの可愛さ、カッコよさ、そして恋愛を歌や絵や文で
感じてもらえたら世界を作った側としては嬉しく思います。

■コスメリップブランド『Love it! Products』

女のコが可愛くなるのに必要なアイテムといえば化粧品です。
でもあまり派手にならないようにリップをメインとして、
『Love it! Products』というコスメブランドを立ち上げました。

CTさんちで飼っているウサギをモチーフにしてマスコットにし、
あのちょっと小憎たらしいラヴィになりました。
ラヴィの台詞は私が考えたのですが、
それがそのままブランド理念になっています。

何かが始まるようなそんなちょっとしたワクワク感。
それをテーマとしました。

一部の方には本当にリップが発売されると勘違いさせてしまい、
たくさんのお問い合わせが各所でありました。
これは女のコの二面性の世界観(歌・絵・文)に
コスメブランドをタイアップさせた形にしたので
ものすごく本物に近づけて作ったためです、ごめんなさい。

■役割に関して

▼アートディレクション
名前だけ見ると見栄えはいいですが、一番難しい役割です。
なにせすべてのアートワークを決めるのですから半端ないです。

Clean Tearsの曲とT-ism歌詞を具現化するために、曲と歌詞から
舞台を作り、キャラを作り、設定を作り、それらに役割を与える。
そして常に全体を見通して調整していくこと。
アートディレクションの一部ですがおおまかにこんな感じです。

くづQさんに出したリテイクの数と指示は少々酷だったと思います。
9月半ばからキャラクターが決まる11月半ばまでの2ヶ月間は
ずっと修正&リテイクラリーの繰り返しでした。

くづQさんありがとう、それと愛してるw

▼グラフィック&ウェブデザイン
グラフィックはDTPも兼ねるのですが、印刷物が多すぎて
一部乱れがありますので、先に謝っておきます、ごめんなさい。
でもそこそこよくできたパッケージになったかなと思います。

今回収録されるアートワークにタイトルと一部歌詞を
引用していますがタイトルロゴに関して言えば、Love it!はキュート
アクセラは映画、虹は展示絵、Thank you!は夢を意識してます。

ウェブの方はごちゃごちゃしたくなかったのでシンプルに。
でもこれも時間が取れず、完成度が低いです。
これはフルフラッシュでGUIを作っていたのですが、更新する物が
多かったので一部フラッシュを使う方向に変更したためです。

▼フラッシュデベロップ
まぁ作れるんだし作っちゃえばいいかと思って作りました。
わざわざ外部プレイヤーやリソースに頼らなくても
自己完結して情報発信できるというのはいいですね。
待ち受けフラッシュは時間がなくて凝ったのは無理でした。

■ここに気合入っています。

デザインよりフラッシュよりグッズより、
このラヴィ!プロダクツとかの設定に一番気合入ってます。

■作品を通してユーザーへ一言。

どうでしょうか、『Love it!』の世界観はちゃんと伝わっていますか?
本当にアパレルブランドを立ち上げるのと同じ方法で作りましたが
果たしてそれがちゃんとうまく伝わっているのかちょっと不安です。

たった1枚の音楽CDですが、これだけの世界を作る事が出来ました。
色々なストーリーを作って表現して、皆様に色々味わってもらえて
スルメアルバムと言われたら嬉しく思います。

あー、もっと色々『Loveit!』についてお話したかったのですが
長くなりすぎてるのでそろそろ終わります。

どこかで私に会いましたら、ご感想など頂けたら本当に嬉しいです。
それではまたどこかで皆様とお会いできれば幸いです。

あ、予告じゃないですが今度こそ歌い手さんのプロモしますよ!

▲サイトトップへ